嫁のキレイは旦那の責任!〜コミュニケーション&セックスでいつまでも若々しい二人に

出会った頃は可愛かったのに今となっては当時の面影がない。結婚した頃は美人だったのにすっかり変わってしまった。などと口には出さないもののパートナーへ不満を持っている旦那さんは多いのではないでしょうか。

しかし、人間は他人から強く影響を受ける生き物です。結婚した夫婦にとって一番身近な人間は夫であり妻です。あなたの奥さんに一番強く影響を与えているのはあなたということです。

「40歳になったら、人は自分の顔に責任を持たねばならない」という言葉をリンカーン大統領は残しています。生まれ持った容姿だけではなく、経験や内面が顔ににじみ出るものなので、できあがった己の顔には責任を持たねばいけないという意味です。

このことは自分の顔だけではなく、パートナーの容姿にも言えるのではないでしょうか。どんな結婚生活を送っているのか・配偶者に愛情を持っているか。美しい姿を観て欲しいと思えばこそ人は美人になれるのではないでしょうか。

他人に変わってほしいのならばまず自分から変わっていかなければいけません。逆に言えば自分が変わることで奥さんを変えることが出来るのです。いつまでもパートナーに美しくいて欲しいのなら、そのための努力をしていくべきです。


日頃のコミュニケーションや意識を改善

出会った頃の恋愛感情を思い出す

キレイになるための動機を再確認するということです。付き合いだした始めの頃は相手に好感をもってもらおうと思い、身だしなみや振る舞いに注意していたはずです。

その当時の気持ちを思い出して奥さんに接していれば相手も必ず思い出してくれるはずです。人間の気持ちは伝染する性質があります。イライラしている相手と話していると自分もイライラするように、恋愛感情もまた相手に伝わります。

コミュニケーションは取れているか

気持ちを取り戻しても思っているだけでは通じません。言葉や仕草にして伝える必要があります。

最近夫婦の間でした会話を思い出してみてください。向こうの話を一方的に聞いているだけだったり、事務的に伝えなければいけない内容をただ言っているだけだったりしていませんか。

セックスもコミュニケーションの一つとして重要なものです。本来セックスは愛し合っているカップルによる体と体のコミュニケーションです。良いセックスは相手のことを思いやり、相手に自分のことを気遣ってもらうことなしには成立しません。

普段の意識と行動を変えていけば、きっとあなたの奥さんも変わってくれるでしょう。