良いセックスをするための良い体作り

人間の三大欲求と言えば性欲・食欲・睡眠欲です。これらの欲求が満たされた時、人間はストレスが解消されます。ストレス解消の為のセックスをするカップルも存在しています。

ストレスを溜める事が体にとって良くないことは誰もが知っていることでしょう。男性も女性もエクスタシーを感じることで、脳内で快感物質が分泌され、ストレスを解消することが出来ます。

性欲というものは年をとっても中々衰えないようです。むしろセックスをしなくなるのは体のほうが追いつかなくなってくるからという理由が強い傾向があります。

特に男性の場合性欲自体はあるのに勃起できないという悩みを抱えている人も多いようです。女性ももちろんオナニーでエクスタシーを得ることが出来ますが、心が通いあったセックスによってもたらされるエクスタシーに比べると質が随分劣るようです。

性欲はあるのにセックスはできず欲求不満を積もらせる事は非常に体に悪いことです。生物の本能である三大欲求を解消できないと、体調を壊したり、うつ病になったり、常に何となく体の調子が悪いなど様々な症状を起こします。心と体は繋がっているんです。

年令を重ねても良いセックスをする方法はないのでしょうか。
食事療法
勃起障害の治療薬としてバイアグラがありますがそれは男性用の薬であり、女性用の薬はこれといって決定的なものが無いようです。良いセックスにはまず良い体作りから始まります。どのような食べ物が夜の生活を助けてくれるのでしょうか

ウナギなどの一般的に精が付くとされるものよりも、セックスミネラルの別名を持つ亜鉛を意識して取るといいでしょう。性ホルモンの分泌を正常にする働きがあるので男女共に性欲向上を助ける物質と言えます。

脂っこいものはむしろ男性の場合、血流を悪くし、勃起障害に繋がるので悪影響を及ぼしますから、控えるようにしましょう。
柔軟体操
セックスは普段使っていない筋肉を使い、普段しないようなポーズを取ります。相手を気持ちよくさせる動きを心がけるためにも柔軟体操はとても役に立つでしょう。

主に下半身を使う柔軟が効果的です。壁に持たれて座り、背筋を伸ばし、あぐらをかくようにして、足の裏と裏をくっつけてみましょう。股関節の柔軟運動になります。

ただし何事もやり過ぎると筋を痛めてしまうので無理をしない範囲で頑張りましょう。

日頃から体を備えていることは健康的になれるし、良いセックスによってストレスは解消できるしと、良いことずくめです。健康的な生活と健康的なセックスを目指して日々の生活を改善してみませんか。