EDを諦めてはいけません!
男性だって自分磨きは重要


EDとは勃起不全の意味であり、「性交時に十分な勃起ができない、維持が難しいために満足な性交が行えない状態」と定義されています。完全に勃起ができない状態だけを指すのではありません。EDの症状にも様々な幅があり、「なかなか勃起しない」「性行為に自信が持てない」「勃起はできるが時間が持たない」など人それぞれです。成人男性の4分の1がEDだというデータもあります。決して恥ずかしいことではないということです。

近年はクオリティオブライフ(QOL)という概念が浸透してきています。人生の質、つまり幸福の度合いの事です。EDは死につながるような病気ではありませんが、QOLを低下させるものです。良いセックスをする事は夫婦両方の幸せを促進します。QOL向上のためにED治療を受けることは、これからはもっと当たり前の事になっていくでしょう。
EDになる原因

EDはストレスなどの精神的な原因で起きるものと考えている方は多いでしょう。しかし高血圧や飲酒などそれ以外の要因で起きる事も多いようです。やはり年齢を重ねるとEDになる確率は高いようですが、歳のせいだけでEDになるというものでもありません。環境の変化や溜まったストレス、運動不足など様々な原因があります。もう歳だからと諦めず、勇気を出して診察を受けてみてはいかがでしょうか。
EDの治療法
まずはお医者さんに相談して見るところから始めましょう。かかりつけ医がいるのなら普段から自分の健康や生活習慣を知っているので、そこへ行くのが良いでしょう。いないのなら泌尿器科や内科で診察をしてもらえますが、ED専門クリニックもありますので、近くの医院を調べて行くことになります。

診察によって原因がわかったら薬が処方されます。高血圧や飲酒、高ステロールなどそれに合わせた薬を飲むことになります。バイアグラなどの勃起を促進する薬なども希望や症状に合わせて処方してもらえます。しかしきちんと処方された量を守って飲むことが大切です。精神的な面が原因になっているEDの場合はカウンセリングなどによる治療が行われますが、その場合でも薬を同時に使った治療になる事もあります。ED治療には保険が適用されず、症状によって治療の内容も変わるので一概にどのくらいの費用がかかるかわかりません。前もって問い合わせてみるのが良いでしょう。
参考サイト⇒バイアグラのAtoZ(ED専門のクリニックのサイトです)

EDは治療できる病気です。セックスに満足できないという悩みを抱えている方は気軽に診察・治療を受けてみてはいかがでしょうか。