新たな刺激が活性化する夫婦環境

夫婦環境

夫婦生活を長く続けているとどうしても慣れが生まれてしまいます。安定した生活は誰もが求めることですが、安定し過ぎているとトキメキの無い退屈な日々になってしまいます。

生活のマンネリ化は刺激を生活から失わせてしまいます。適当な刺激は人間が健康的に生きていく上で欠かせないものです。

付き合いはじめや結婚したばかりのカップルは相手を恋愛対象・異性として意識することで刺激を感じ、緊張感が生まれます。相手に少しでも自分のことを好きになってほしいという欲望や関係が壊れてしまったらどうしよう、という不安が、身だしなみやスタイルに関する向上心を生みます。

また精神的な刺激を感じることでホルモンの分泌量が増え、容姿を美しく保つ働きをします。肉体的な影響も心から受けるわけです。心と体は密接につながっているものなのでどちらか一方に刺激を与えればもう片方にも影響が及ぶということになります。

結婚して同じ事を習慣にしてしまうと毎日の暮らしから刺激が失われてしまいます。健康的な生活を送るためには新しい刺激を持ち込まなければいけません。

変化はしていないですが、退屈な暮らしの中に定期的に新しい刺激を受けることでいつまでもお互いに恋愛感情を持ち続けることができます。適度な緊張感は人間の暮らしにメリハリを生み出すわけです。

当たり前の事と認識していることでも改めて確認する事で再び恋愛感情を持つこともできるでしょう。お互いがしている仕事や家事でも当たり前と考えるのではなく自分のためにやってくれていると考え直せば、感謝の気持ちや相手を愛おしいと思う気持ちが生まれてくるでしょう。

そして生まれた気持ちを相手に伝えれば恋愛感情や感謝の気持ちが伝わります。相手も自分に対して感謝やトキメキを再び持ってくれるでしょう。

普段の暮らしを見つめなおすことで特別な出来事がなくても付き合いだした頃のドキドキを取り戻すことが可能です。大切なのは言葉や行動にして伝えることです。思っているだけでは気持ちは伝わらないものです。「言わなくても伝わるだろう」という考えは捨ててください。

実際に言葉などの形にして出すことは自分自身にも影響を与えます。配偶者に対してこういう気持ちを持っているんだと確認することでより気持ちを強化することになります。

今、夫婦の生活に退屈している、飽き飽きしているという方は刺激を持ち込むことで自分の気持ちを再び恋愛の状態に持っていく事を試してみてはいかがでしょうか。