ペッティングを忘れてはいけません

一昔前までは、恋愛の発展段階を「A、B、C」と言っていました。Aは「キス」。つきあい始めたカップルが「手をつなぐだけ」のステージから、一歩踏み出したことを意味します。「C」はセックス。いうまでもなく、男性が自分のペニスを女性のヴァギナに挿入することを指しました。その間の「B」は、ペッティング。キスよりも性的ではあるが挿入はしない、という性行為段階のことです。

最近では、身体をまさぐれば挿入するのが当たり前なので、「ペッティング」という行為が独立した性行為としてはあり得なくなりつつありますが、かつて女性の「処女性」が重要視されていた時代には、ぎりぎりの性行為として重宝されていました。「挿入しないのだから、セックスしていない」という言い訳をしつつ、男女ともに興奮を楽しんだのです。こうした性行為を夫婦の間で楽しむことができるはずです。
ABCからHIJKの時代!?
かつて男女関係の発展は「AからBへ、BからCへ」とゆっくりと進行したものですが、現代では「HIJK」と呼ばれる急展開、逆進行になっていると言われています。「H」は言葉通り、セックスのこと。男女の付き合いがいきなり性行為からスタートするのです。何度か身体を重ねるうちに「I」(すなわち「愛」)が生まれ、「J」(Junior=子ども)ができると、「K」(結婚)する、というわけです。最近では新婚カップルの半数が「できちゃった婚」だと言われますが、「できなければ結婚しない」というカップルも少なくありません。

そうした時代の流れの中で、「挿入しないセックス」は軽んじられてしまいましたが、もともと、ペッティングはとてもセクシーで興奮する性行為です。公園などで「アオカン」するカップルたちは、真っ暗闇の中で互いの体をまさぐり高まり、「挿入は結婚するまでおあずけ」のため、女性が男性を口や手でいかせたり、男性が指や口で女性をいかせたりしていました。これによって、愛がどんどん深まっていたというのも実は事実なのです。挿入だけが愛ではありません。
夫婦でもペッティングを取り戻そう
夫婦生活においても、必ずしも挿入や射精をゴールとする必要はありません。互いに気持ち良くなるだけでも満足できるはずですし、それを経験することで、挿入の価値も高まっていくことでしょう。ペッティングは欲望を感じたふたりが抱き合ったり、体を絡めあったり、首筋に唇を這わせたり、胸や乳房、背中や肩、腹や太もも、脛や足、性器などを愛撫する行為です。愛撫の方法は、舐める、指を這わす、なでる、つつく、握る、たたく、吸う、軽くかむ、揉む、ゆする、くすぐるなどいく種類もあります。

これによって夫婦が快感を高め合い、性交なしでもオーガズムを得ることができます。EDの男性はペッティングによって妻を満足させることもできます。もちろん、バイアグラを使って挿入できるようになれば、なお良いことであるのは言うまでもありませんけれど。

死語になりつつある「ペッティング」を大切にしましょう。夫婦生活に取り入れることで、セックスが豊かになるはずです。挿入するしないにかかわらず、身体を愛し合うことは愛を確かめ合うことにつながるはずです。