スローセックスを得意技にする

スローセックスは射精を目的とした男性本位なセックスから脱却し、男女共に愛撫しあい時間をかけて快感を高め合うセックスの事です。短くても一時間以上、挿入を目的とするのではなくお互いを気持よくしあう事を目的とするのが特徴です。

何時間も続くセックスというと気後れしてしまうかもしれませんが、愛撫の時間を長く取るのが秘訣です。というより、キス、愛撫、挿入、射精というマンネリ化した流れから抜け出すことに重きをおいているので、最初から最後まで全て愛撫の時間ということもできるでしょう。
スローセックスの実践的なテクニック
スローセックスにおける愛撫は相手の事を優しく触ることが基本となります。手のひらを相手の肌から4センチ離し、五本の指先だけを接触。楕円を描くようにゆっくり触るのがスローセックスの愛撫法「アダムタッチ」です。これを一箇所の性感帯に3分から5分続けることでゆっくり相手の性感を刺激することが重要です。

くすぐったさは快感の入り口であり、髪の毛、顔、肩から腕と乳首や生殖器などの一般的な性感帯とは違う所に性感帯がある。とスローセックスの提唱者アダム徳永氏は書いています。刺激は強いほうが感じるという男性の考え方は明らかに間違った概念であり、超ソフトな愛撫を長時間続けることで深い官能を引き出すことができると言われています。

挿入した後も射精を目的としたピストンを続けるのではなく、肌を密着させて振動を与えることでペニスで膣を愛撫するという感覚が重要という事です。正常位は射精しやすい体位であり、愛しあう上では対面座位がスローセックスの基本となる体位と解説しています。インドのカーマスートラでは座位こそがスタンダードな体位という位置づけがされているそうです。

またテクニックだけでなくお互いが感じているかどうかを正直に答えることでコミュニケーションを取ることが大切だと説明されています。
スローセックスに自信のない方は
スローセックスは一時間以上も時間をかけて愛しあう行為です。それだけの時間をかけてセックスするのはいいが自分の勃起に自信がない、途中で中折れするのではないか、と不安な方はED治療と並行してスローセックスを身につけるのも良いでしょう。バイアグラは医師の処方を守り、セックスをする前に飲んでおくことで勃起する力を高める薬です。媚薬や怪しい麻薬的な薬ではありません。用法用量を守って正しく処方すればセックスの心強い味方になってくれるでしょう。