セックスレスについて

セックスレス

セックスレスとは、日本性科学会の定義によると、「特別な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1ヶ月以上ないこと」とされています。1ヶ月という期間を意外と短いと感じるか長いと感じるかは人によって異なるでしょう。

この定義を厳密に当てはめると日本のカップル・夫婦はほとんどセックスレスに当てはまってしまいそうです。回数ではなく満足度が問題になると考える人も多いでしょう。ここでは一方がセックスを求めているのに相手に拒絶される、などの条件をつけたほうが良いかもしれません。また、満足がいくセックスができていないということも問題になるでしょう。
セックスレスになる原因
セックスレスになる原因

セックスレスの夫婦に対する調査によると、男性で一番多い原因は「仕事で疲れている」、女性では「面倒くさい」というものだそうです。しかしこのような要因でも夫婦で相手を求めている気持ちが強かったらセックスをするものではないでしょうか。

これらの原因の裏にはパートナーを性的な対象として見られなくなった、相手の存在に慣れてしまい気分が盛り上がらなくなったなどの要因が背後にあるのではないでしょうか。二人の距離が近すぎても友達感覚になってしまい、その結果セックスをしないようになるということもありそうです。
セックスレスの問題
セックスレスにはどのような問題があるのでしょうか。男性も女性も両方ともセックスを求めていない場合はそれほどの問題にならなさそうです。問題は片方が求めているのに相手から拒絶される場合でしょう。

愛している相手に拒絶されるということは心を深く傷つけてしまいます。またセックスを求められているのに満足に答えられないということも自尊心を傷つける要因になるでしょう。

セックスレスが原因で離婚ということは決して珍しくありません。セックスは愛し合っている二人が関係をより深めるコミュニケーションの一つでもあります。性交ができないというのは一般的に考えられているより深刻な事なのかもしれません。

「疲れている」「面倒くさい」という些細なことで離婚してしまうのは、恋愛して結婚したはずなのに悲しいことです。セックスは重要な事ではない、子供はいらないからする必要はないなどと性生活を軽視していると思わぬ悲劇を招いてしまうかもしれません。

最近の夫婦関係を見なおしてみて、セックスレスの兆候が無いか確認してみてはいかがでしょうか。