一緒にお風呂に入るのも良い

皆さんは、夫婦で一緒にお風呂に入っているでしょうか。恋人同士のときは、たまに入っていたけど、そういえば最近は全然一緒に入っていないという人は、嫁をさそってみましょう。お風呂は文字通り裸になる場所ですし、親密な関係でないと一緒に入るのは難しいです。でも、女性にとっては好きな男性と一緒に入ることはちょっとした刺激にもなって良い方向に働くこともあるんですよ。
たまには夫婦一緒にお風呂に入ることの意味
たまには、夫婦一緒にお風呂に入ることをおすすめします。まず、お風呂という場がコミュニケーションに適していることが挙げられるでしょう。それに、文字通り裸になるので心も素直になりやすいと言う点があります。

お風呂には、ほとんどの人が毎日入るのですし、忙しくても夫婦一緒に入ることは問題ないでしょう。あとは、嫁が恥ずかしがって拒否しなければということになりますね。でも、案外夫から誘われたら強く拒否しない嫁も多いものです。夫婦のスキンシップのひとつとして、お風呂を考えてみるとよいでしょう。

ただし、あまりにも体が汚れている日や、嫁が疲れている日、体調が悪い日に無理をして一緒に入ることはありません。まずは、快適なお風呂タイムを共に過ごすためにも、その点は注意してください。
体型などのごまかしが利かない状態に焦る
さて、一緒にお風呂に入るとなると、体型のごまかしが一切利かない状態になりますよね。嫁も、普段は矯正下着を付けたり、バストサイズアップ効果の高いブラジャーを付けている場合でも、ごまかしができません。つまり、本当の意味での裸を見せなくてはならなくなるわけです。

これは、かなり現実を直視することになります。羞恥心を持つことになれば、自分の体を何とかしてマシな状態に変えようと意識することでしょ。嫁をキレイにするためには、この自分の体を変えようと意識させることが大切なのです。

このとき、たるんだ体になったな、などと夫である皆さんが指摘することはしないでください。あくまでも、嫁が自分で気づくことが大切なのです。そのためには、鏡の前にそれとなく立たせてみるとか、ちょっとしたスキンシップのついでにたるみにさわってみたりするとか、してみてください。さりげなく、がポイントですので失敗しないでくださいね。
自宅以外でなら非日常感が嫁をキレイにする
自宅のお風呂を一緒に入るのも良いのですが、もし可能ならば自宅以外のお風呂を一緒に入ってはいかがでしょうか。たとえば、温泉宿、リゾートホテルなどですね。別に、ラブホテルでも構いません。

自宅以外のお風呂に一緒に入ることは、ちょっとした非日常感も一緒に味わうことができるでしょう。非日常感は、女性をわくわくさせて幸せな気分にさせるものです。この幸せな気分が、キレイを作るのですね。

また一緒にどこかに行きたい、と嫁が考えてくれるようになればしめたものです。もっと、一緒に夫婦で出掛けたい、一緒にお風呂に入りたい、キレイになって皆さんと一緒に楽しみたいと思ってくれるように仕向けましょう。
まとめ
嫁と一緒にお風呂に入ることは、さまざまな意味で嫁をキレイにすることに効果があります。自分の体型を人に見られることで、自然とキレイになる努力をするようになるでしょう。また温泉宿やリゾートホテル、ラブホテルなどで非日常を味わいながら一緒に入浴することも、良い結果をもたらすことでしょう。