嫁にもひとりの時間を持たせよう

結婚して嫁の立場になった女性は、圧倒的に自分ひとりの時間を持つことが難しくなります。その理由は、家庭での嫁や子どもの母親といった役割を優先するようになるからです。その上、自分の仕事を持っている人となると自由な時間はほとんど無いと言っても過言ではありません。たまには、嫁に自分だけの時間を持ってもらうように夫である皆さんが工夫してみてはいかがでしょうか。
結婚後の女性の大変さを理解する
結婚後は、女性は自分自身の時間を持つことが大変困難になります。まったく持てない、というわけではありませんが、結婚するということは嫁という立場のほかにも、子どもができれば子どもの母親という立場にもならなくてはいけないからです。

まず、嫁として、皆さんの普段の世話や家事をしたり、実家の法事などの手伝いをしたりといったことに時間を費やすことになるでしょう。また、子どもがいる場合は、子どもの母親としての育児で相当の時間と労力を取られてしまいます。さらに、外で仕事をしているとなると、仕事の責任もありますから、気を抜くことができないのです。

結婚したら、立場的には安定すると思いきや、自分の時間が無くなってしまうことに大きなストレスを感じてしまう女性も多いもの。しかも、夫に理解されないとなるとひとりでストレスを抱え込んでしまうでしょう。これでは、ますます嫁を追いこんでしまいますから、夫であるみなさんが対策をする必要があります。
嫁に自分ひとりの時間をあげよう
嫁に、ひとりで過ごす時間を作ってあげましょう。夫婦として暮らす中でも、嫁が担当している家事を自分が行ったり、子どもの世話を見たりするなどして、嫁が完全にフリーになる時間を作り出すのです。実際に、嫁の役割を担ってみると、かなり大変だということがわかるでしょう。

主婦業は、さまざまな立場をこなさなければならないので、夫の理解を超えたしんどさというものがあるのです。自分の時間を持つことができたとき、やっと嫁が自分のことだけを考えることができるのです。普段の嫁の存在に感謝しつつ、自由時間を作ってあげることを積極的に検討してみてください。
夫婦それぞれが役割分担をすること
そもそも、夫婦は共同生活をしている仲間と考えれば、家事を嫁だけに背負わせるのはおかしな話です。また、子育てについても妻だけが責任を負うのはおかしいでしょう。夫婦それぞれの役割分担の比重を見直すことで、嫁の時間を作ることは十分に可能です。

もしも、夫婦での役割分担に不満があったら、家事代行サービスやベビーシッターの導入を考えてみるのもひとつの方法でしょう。もちろん、利用するためには料金が必要になりますから、どの家庭でもおすすめできるとは言えません。しかし、嫁が自由に使える時間はそれ以上の価値をもたらすものです。

男性の中には、女性は結婚したら家のことや子どものことを最優先して当たり前と考えている人が多いです。もちろん、その考えが間違いとは言いません。しかし、嫁も一人の人間であり女なのです。女として、キレイに輝いて生きて欲しいと願うのならば、少しは思いやりが必要でしょう。
まとめ
結婚すると、女性は嫁や母親の立場などを最優先せざるを得なくなります。すると、自分自身で自由になる時間が激減してストレスが溜まることになるでしょう。妻に、女として輝いてもらいたいのならば、家事分担を話し合ったり、家事代行・ベビーシッターの導入などを積極的に考えたりして、自由な時間を作ってあげてください。